熊野地域包括支援センター
トップページ > 板橋区立熊野地域包括支援センター > 熊野地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/04/14 15:25

地区ネットワーク会議開催

日時:平成30年3月28日(水) 14:00~15:30

場所:熊野地域センター3階 レクレーションホール

地区ネットワーク会議が開催されました。

参加者:

地区ネットワーク会議委員(医師、薬剤師、老人クラブ等)医療機関相談室、

居宅支援事業所、福祉用具事業所、板橋総合ボランティアセンター、認知症カフェの方、

権利擁護いたばしサポートセンター、板橋区社会福祉協議会、板橋福祉事務所

おとしより保健福祉センター、おとしより相談センター 22名です。

 始めに熊野おとしより相談センター所長より

挨拶と、活動報告(熊野地域包括の相談件数等)

次に「認知症声掛け訓練」について

「おとしより保健福祉センター認知症施策推進係」の湊氏による講演。

 声掛け訓練とは、商店街等で通りを利用して、認知症の方役と声をかける人、

サポートに分かれ、認知症のパターンをいくつか演じていただきながら、

声のかけ方などを学び合う訓練です。

認知症サポーター(養成講座を受けた方)」のフォローアップにもなりますし、

民の皆さんと協力して行っていきます。

講師の湊さんから、大分県での様子などを紹介しながら

小さいエリアでも、できるとアドバイスをいただきました

次に3つに分かれてグループワークを行い、発表。

多くの意見が寄せられました。

いくつか紹介すると・・

*信用金庫さんを拠点にして、「おれおれ詐欺予防」の話も交えて認知症を学ぶ機会に

  したらどうか。

*小学校のPTAやおやじの会などに、声掛けしたらどうか。少年野球チームもある。

*スーパーには人が集まるので、その周辺で行えば効果的。

*防災訓練を抱き合わせて行うのもよいのではないか。

  等、様々な意見が出ました。

  熊野地区は住宅地の多い地域ですが、地域で盛り上げていけば

できるとという意見が多数出ました。

例年行っている、夏祭りなどのイベントと併せて行ってもよいし、

活動することで、地域の活性化にも役立ちます。

また、認知症について知識を得ることで、地域の見守り力UPにもつながります。

~是非、一緒にやってみませんか。

手を挙げてくださる地域の皆様、お待ちしています。~

                                           MY・SW

                                           たんぽぽの花

                                    かわいい「わたげ」も見つけました。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る